吐き気を感じることも|通販でアフターピルを注文しておけば不測の事態でも安心

通販でアフターピルを注文しておけば不測の事態でも安心

薬

吐き気を感じることも

もちろん便利なアフターピルにも色々な副作用が存在するので、副作用のこともちゃんと頭に入れておくべきだと思います。

まずアフターピルでよく見られる副作用には「吐き気」があります。
この吐き気は単純にその気配を感じるだけではなく、そのまま嘔吐してしまうこともよくあるようです。
ピルの副作用の原因は主に卵胞ホルモンにあり、体内のホルモンバランスを急激に変化させるためにこのような副作用が生じてしまったりします。
もし嘔吐してしまった場合はアフターピルを一緒に吐きだしてしまっている可能性があるので、そうなるとアフターピルの持つ本来の効果をちゃんと実感することができなくなるおそれがあります。
だからアフターピルを飲んで吐き気を感じたとしても、できるだけ3時間は吐かずに我慢することが大事です。
3時間我慢できればアフターピルの成分を体に吸収することができるので、覚えておいてください。

なおどうしても吐き気がつらいという人は、その吐き気を抑えるために食後に飲むようにしましょう。
また牛乳を少量飲むことで胃の粘膜を守ることができるのでおすすめです。
あとは飲んでから睡眠をすることで吐き気が気にならなくなるので、寝れる人は試してみてください。

あとアフターピルを服用する際に飲み合わせが悪いものも色々あります。
たとえばフェノバルビタールやカルバマゼピンなどのてんかんに関する薬は、避妊効果を低下させてしまうおそれがあります。
このような薬をもし使っている場合は、すぐにアフターピルを使うのではなくちゃんと医師と相談しておくようにしましょう。